ののかちゃん(村方乃々佳)が怖いや可愛くないというアンチが多い?親や年齢(誕生日)等のwikiプロフィール!

ウサギ 夢宮ありす

スポンサーリンク


2020年第35回童謡こどもの歌コンクールこども部門にて「いぬのおまわりさん」を歌い史上最年少で銀賞を受賞し、有名になったののかちゃん(村方乃々佳ちゃん)

両手を振りながら一生懸命に歌を歌う姿がとても可愛らしく、メディア等で紹介され「いま日本一有名な2歳児!」と話題に。

童謡こどもの歌コンクールの公式YouTubeチャンネルでは、銀賞を受賞した際の動画の再生回数が1千9百万回越え(2021年6月時点)

ののかちゃんのYouTubeチャンネルのチャンネル登録者数は開設わずか5か月で41.2万人となっています(2021年6月時点)

歌を歌う姿がとても愛らしく、たくさんの方々から評価されているののかちゃん(村方乃々佳ちゃん)ですが、ネットでは「可愛くない」「嫌い」「怖い」「アンチ」などといった批判的な関連ワードも多数あります。

そこで今回は「ののかちゃん(村方乃々佳)が怖いや可愛くないというアンチが多い?親や年齢(誕生日)等のwikiプロフィール!」と題して、ののかちゃん(村方乃々佳)の気になる話題について調査しました。

ののかちゃん(村方乃々佳)が怖いや可愛くないというアンチが多い?

童謡こどもの歌コンクールのこども部門でわずか2歳にして銀賞を受賞したののかちゃん。

その歌う姿は一生懸命でとても愛らしく、SNSやメディア等で取り上げられると、瞬く間に話題となり、ファンになる人が続出。

ののかちゃんの公式YouTubeチャンネルは開設からわずか5か月でチャンネル登録者数が41.2万人にのぼりました。(2021年6月時点)

知名度も高く、大人気のののかちゃんですが、ネットでは可愛くない」「嫌い」「怖い」「アンチ」などといった批判的な関連ワードもみられます。

今回はその批判的な意見について調べてみました。

実際にSNSではののかちゃんの活動について否定的な意見もありました。

ののかちゃん自身にではなく、周囲の大人たちへの批判コメントが多いです。

ですが「大人に利用されてかわいそう」「歌を嫌いにならないで」といったののかちゃんへの心配の声も多数ありました。

韓国人アンチ」といった関連ワードも多くみられました。

ののかちゃんのTwitterでは韓国語でツイートされていたり、YouTubeにも韓国語を練習する様子をupされていたりと、「韓国」との関係性も調査しました。

童謡こどもの歌コンクールに出場した際の動画は、日本のみならず世界各国のSNSでも話題になりました。

特に韓国では東方神起の元メンバーである歌手のキム・ジェジュンさんが、自身のTwitterで取り上げるなどをし話題に。

ののかちゃんの韓国向けのInstagramも公開される(現在は閉鎖)など韓国でもののかちゃんは人気になり、たくさんの応援コメントファンアート(ののかちゃんを描いた絵)も寄せられているのだとか。

実際にYouTubeチャンネルの動画は韓国語の字幕がつけられており韓国語でのコメントがとても多い印象です。

韓国の方々からも親しまれているように感じますが、なぜ「韓国人アンチ」といった関連ワードが出てくるのでしょうか。

原因のひとつとなった出来事が判明しました。

その出来事というのがののかちゃんが「うどん」を食べている様子を紹介した動画

その動画内でののかちゃんのお母さんが「韓国にもうどんってありますか?」と発言し、その発言に対して「韓国を馬鹿にしている!」「韓国を後進国扱い!」といった声があがりアンチ騒動に発展。

過激な批判コメントが寄せられてしまったようです。

乃々佳ちゃんの両親はあるメディアとのインタビューで「韓国に乃々佳を連れて行って人々のあたたかさを教えたい」と話したりもした。だが、SNS活動が増えて一部のネットユーザーの標的になった。両親がうどんを食べる乃々佳ちゃんの映像を掲載して「韓国にもうどんがありますか?」と話したことを問題にした。「韓国を後進国扱いする」など、乃々佳ちゃんに対する悪質コメントが拡散した。

引用元:2歳の乃々佳ちゃんに「汚い日本人…」 度を越えた「児童悪質コメント」問題 | Joongang Ilbo | 中央日報 (joins.com)

韓国人アンチについては、日韓関係による反日感情を持っている方々による発言でもあるかもしれませんが、あくまで憶測です。

SNSでの反応をみる限り批判的な意見はののかちゃんに向けられたわけではなく、ののかちゃんの周りの大人たちに対する批判的な意見が多いことが分かりました。

ののかちゃんに対しては、心配の声もある中多数の応援コメントが寄せられています。

アンチが多いかどうかは不明ですが、幼いながら大好きなお歌で活躍するののかちゃんを温かく見守っていきたいですね。

ののかちゃん(村方乃々佳)の親

ののかちゃんの、ご両親については「韓国人なのでは?」という噂も流れました。

理由は、「韓国語でSNSをupしている」「コロナが落ち着いたら韓国にののかを連れて行きたいという発言」「ののかちゃんに韓国語を教えている」ことなど様々ですが、「韓国人」である可能性は低いです

お母さんについては動画ではお声のみの出演ですが、お父さんやひいおばあさんが動画に何度か出演をしています。

ののかちゃんはまだ字を読むことができない為、おうたは「絵」をみて覚えるのだとか。

その「絵」はなんとお父さんが書いているそうです。とっても優しいお父さんですね。

お母さんは動画内で一緒にお歌を歌ったり、ピアノを演奏しています。

お母さんは元保育士という噂も。

昔は保育を担当されていたどもたちにお歌を歌ったり、ピアノを演奏してあげたりしていたのでしょうか。

お母さんは保育のプロということですね。

スポンサーリンク


ののかちゃん(村方乃々佳)の年齢や誕生日等のwikiプロフィール

ののかちゃん(村方乃々佳)の年齢や誕生日(生年月日)


ののかちゃんは3歳です。(2021年6月2日現在)

そして生年月日は2018年5月31日

ののかちゃん(村方乃々佳)の血液型

ののかちゃんの血液型は不明でした。

現在は出生時に血液型の検査は行わない為もしかするとまだ判明していない可能性が高いです。

ののかちゃん(村方乃々佳)の出身地

ののかちゃんの出身地は「福岡県」です。

第35回童謡こどもの歌コンクールこども部門にて見事銀賞を受賞した際に、福岡県のニュースで「福岡在住の」と取り上げられていたのだそうです。

YouTubeには河川敷にこいのぼりを見に行く動画や、動物園へ行く動画などの、ののかちゃんとご家族が外出をしている様子などもupされています。

地元の人であれば場所がどこだか分かるのではないでしょうか。

ののかちゃん(村方乃々佳)のwikiプロフィール

  • 本名:村方乃々佳ちゃん
  • 年齢:3歳(2021年6月現在)
  • 生年月日:2018年5月31日
  • 血液型:不明
  • 出身地:福岡県
  • 身長:84cm(2021年6月現在)
  • 体重:11kg(2021年6月現在)

ののかちゃん(村方乃々佳)の事務所

ののかちゃん所属事務所は株式会社エンプロです。

ののかちゃんのYouTubeチャンネルやTwitterにも記載されており、株式会社エンプロの公式HPにも載っています。

村方 乃々佳 プロフィール | ENPRO OFFICIAL WEB (en-pro.jp)

しかし、ののかちゃんは第35回童謡こどもの歌コンクールこども部門にて銀賞を受賞した時点ではテアトルアカデミーに所属しました。

テアトルアカデミーの公式Twitterでは2021年4月2日まではののかちゃんの出演情報などを配信していましたので、所属事務所を移ったのはそれ以降ではないでしょうか。

現在はテアトルアカデミーの公式HPからも削除となっています。

ののかちゃん(村方乃々佳)の経歴

第35回童謡こどもの歌コンクールこども部門にて「いぬのおまわりさん」を歌い史上最年少で銀賞を受賞し、一躍有名になったののかちゃん(村方乃々佳ちゃん)。

ののかちゃんの公式Twitterはコンクール受賞前から存在し、ののかちゃんがお歌を歌っている姿もツイートされています。

もしかするとテアトルアカデミーには1歳前後から所属していたのかもしれません

コンクールで受賞してからは、メディアやSNSで瞬く間に話題となりテレビやCMに多数出演


また、2021年5月26日には史上最年少でCDデビューも果たしました。(キングレコードより)


わずか2歳で話題となり、テレビやCM出演、CDデビューまで果たしたののかちゃん。今後も末永くご活躍がみられそうですね。

まとめ

今回は「ののかちゃん(村方乃々佳)が怖いや可愛くないというアンチが多い?親や年齢(誕生日)等のwikiプロフィール!」と題してお届けしてまいりました。

  • ののかちゃんは第35回童謡こどもの歌コンクールこども部門にて「いぬのおまわりさん」を歌い史上最年少で銀賞受賞
  • SNSでは周りの大人たちに対して批判的なコメントも多く、日本のみならず韓国でもアンチファンが存在するというのは事実だが、アンチが多いかどうかは不明。
  • ののかちゃんの本名は村方乃々佳ちゃん。
  • ののかちゃんは2018年5月31日生まれの3歳(2021年6月現在)
  • ののかちゃんの所属事務所は株式会社エンプロ。テアトルアカデミーに所属していたこともある。
  • ののかちゃんのお母さんは元保育士で、お歌やピアノが上手。お父さんはYouTubeチャンネルにたびたび登場。

ということが分かりました。

最後までご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です